マウンティングの種類タイプと対処法

あるドラマで一気に知名度が上がった女性特有の性質であるマウンティング。マウンティングとは、自分が立場的に優位であるということを示してランク付けするものです。女性の割合が多い看護師は、職場でマウンティングに悩んでいる人が多いといいます。マウンティングはさまざまな人間関係のトラブルに発展するため、巻き込まれないに越したことはありません。アプローチのされ方は多種多様なので、しっかりとその種類を把握しておき、職場で無用なトラブルに発展させないように対処するようにしましょう。まず、最も多いのが教唆型です。これは、親しい立場や事情通であるという風体で何かを教えるスタンスを通し、自分がランクが上位であるという示すものです。カウンセラー気分で心身に関するアドバイスをズバズバしてくるのも、この教唆型である可能性があります。これとは対極に位置するのが、無自覚型です。自分は何も知らないというスタンスで、相手が気にしていることを臆面なく周囲に晒すというタチの悪いものです。また、自虐的に欠点を晒している風体で、実際には自分の自慢をしているという自虐型と言われる狡猾な手法もあります。他にも、周囲の意見を聞く形を利用しつつ、自分を優位づける質問型というような手法もあるようです。とにかく、マウンティングにはさまざまな方法があります。一方で、こうした多様なアプローチがなされるマウンティングに対しては、基本的に相手に賛同することが効果的です。相手に抗うとエスカレートする可能性が高いので、逆に自分はしっかり認めてるよというスタンスを打ち出すことで収めることができます。その際は必要以上に褒めすぎず、あくまで中立的スタンスを保っておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.