女性が多い職場で起こる問題

女性同士で仕事をするとき、気をつけなければならないのが人間関係です。特に看護師の場合、女性が多い職場なので注意が必要となります。仕事の内容に関わらず、相手の内面や容姿・地位などを比較して付き合い方を変え、時にはそれがトラブルにも発展するケースが現代では少なくありません。職場内でも力を持っているお局様クラスは、この格付けの首謀者になっていることが多いようです。そして、そこに目をつけられてしまうと、職場の人間関係がスムーズに行かなくなることも多々あります。こうした職場でのマウンティングは、何も看護師の職場だけで行われているわけではありません。主婦のパートが多い看護師以外の職業でも、同様のトラブルは多発しているのです。既婚主婦が集まるパートでは、本人だけでなく夫の職業・年収・子どもの学歴なども格付けの重要なファクターとなります。不用意に個人情報を漏らすと、こうしたマウンティングの標的にされてしまうこともあるのです。特に困るのは、職場では自分よりも上の立場でも、夫の地位が自分よりも下である人の存在といえます。実際は、夫の地位の高い低いは職場では関係ないはずです。しかし、格付けをすることが当たり前となった集団の中ではこれは見逃されないことが多く、僻みを買ってしまいトラブルを起こすことも考えられます。このような狭い範囲内で格付けをしあうことは、自分の存在を社会で認められたいという欲求の現れであり、正社員でもパートでも関係なく起こりやすいものです。こうしたトラブルを回避するためには、なるべく自分の情報を明かさずプライベートを守るような姿勢が大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.